メインメニュー
アクセスカウンタ
今日 : 1515
昨日 : 208208208
今月 : 2713271327132713
総計 : 563639563639563639563639563639563639
ログイン
ユーザ名:

パスワード:



パスワード紛失

オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 病院について を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
入院案内
入院案内 : 各病棟
投稿者 : kuma 投稿日時: 2013-08-01 18:14:59 (5795 ヒット)

■一般病棟 当院の急性期病棟はリカバリー室、回復室を含む55床で構成され7対1の看護体制をとっています。またプライバシーの観点から病室の入り口にはネームをつけておりません。

--------------------------------------------------------------------------------

■亜急性期病棟 急性期を脱した患者様が限られた期間で効率的かつ密度の高い医療を受け、

在宅・施設への復帰を目標とする病室です。

※在院期間‐60日以内

※対象疾患 糖尿病・繰り返す肺炎・慢性腎不全、術後の患者様など

--------------------------------------------------------------------------------

■回復期リハビリテーション病棟 この病棟はADL能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを作成し、 これに基づくリハビリを集中的に行うための病棟です。

【対象患者】   ’招豐票栖機∪埒饌蚕等の発症後2ヶ月以内の状態        

                           在院可能期間  150日以内

                     大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の骨折の発症又は手術後2ヶ月以内の状態

                在院可能期間   90日以内

                     3芦兵蟒冕瑤惑抉蠎N纏の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後

                         2ヶ月以内の状態

                在院可能期間   90日以内

                     ぢ臑楾、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経筋損傷又は靭帯損傷後1ヶ月の状態                                  在院可能期間   60日以内 

--------------------------------------------------------------------------------

■医療型療養病棟 医療型療養病棟とは、長期の療養を必要とする患者様が主に入院される病棟です。 ※病名・ADLによって入院期間・入院料が異なります。

【対象患者】

 

医療区分3 

【疾患・状態】 ・スモン・医師及び看護師により、常時監視・管理を実施している状態 

【医療処置】 ・中心静脈栄養・24時間持続点滴・ドレーン法・胸腹腔洗浄

                    ・発熱を伴う場合の気管切開、気管内挿管・酸素療法・感染隔離室におけるケア

 

医療区分2 

【疾患・状態】 ・筋ジストロフィー・多発性硬化症・筋萎縮性側索硬化症・パーキンソン病関連疾患

                     ・その他の難病・脊髄損傷・慢性閉塞性肺疾患(COPD)など  

【医療処置】 ・透析・血糖チェック・発熱又は嘔吐を伴う場合の経腸栄養など


印刷用ページ このニュースを友達に送る

Copyright(C)2009 Southern Region Hospital All Rights Reserved.